<新年! 縁起物・・・門松>



もうすぐでお正月。
古来の言い伝えでは、家々に「歳神」という神様が訪れます。



歳神様が訪れる時の目印となるため、身を寄せる所が門松といわれています。
松は「祀る」にちなんで、古代中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされて、
日本では松をおめでたいものとして、正月に門松を飾る習慣ができました。



飾る日はfont>
13日から28日にすることとされています。
29日は「二重苦・苦松(苦待つ)」につながり、さらには、31日は歳神様が降臨する正月の前日で、ぎりぎりに神様を迎えるのは「一夜飾り」と呼ばれ、失礼にあたるとされます。
(一部記事抜粋・・・GARDEN STORY)
?Gg[???ubN}[N??