【おしゃれな涼しい夏の綿のブラウスの袖口のしみがあって気になるんです】

綿ブラウスの袖のしみ


シミが付きやすい箇所で二番目に多い部分になりますね。


テーブルなど肘をつけたりすると何か汚れが付いてしまいます。
自分の目では見えにくい、裏側ですのでなかなか気づかないですね。


綿の生地で、特に青色は色が落ちやすいので了解を頂くことになります。
その際、色掛けという染色が必要になる場合は別途料金が発生します。


できるだけ元の状態にしますので、時間と手間がかかります。


今回はしみ抜きだけの作業できれいに落ちました。

写真はこちらです↓

シミが付いた綿のブラウスの袖のシミがきれいになりました


早めにしみ抜きされると良いですね。
ポイントとしては、防水スプレーをかけておいてから着ると汚れの防止になりますし、
しみ抜きでなくて、洗っただけでも落ちることになります。
?Gg[???ubN}[N??