【3月3日のおひな祭りで健やかに成長してね】

3月3日のおひな祭りで無病息災で育つ
3月3日のおひな祭りで健やかに成長してね。


『桃の節句』とも言いますが、いつから始まったのでしょうか。


むかし昔、中国の陰陽道で奇数の日に、お祓いやお供えをするのです。
日本では平安時代に年中行事となってました。


当時、公家の間では人形で遊ぶことが幼い子の間にあって、さらにお嫁入で雛人形を持参したのです。


桃の節句では、季節で桃の花が春爛漫で、桃の木が中国では病や災いを寄せ付けない。
長生きをする木とされて、木の弓矢で鬼を払う儀式があったそうです。


桃の木で鬼退治をすることで無病息災


雛人形は京都と関東では異なる飾りをします。
京雛は向かって右に男雛、関東雛は向かって左に男雛。
でも現代ではどちらでも手に入るので、お好みでいいでしょう。



飾りはじめも、立春の月化飾りつけも2月3日からで、一か月は飾ることができますね。


お片付けは、天気のいい日で湿気の少ない日にすると良いです。
それはお人形に湿気がこもると、カビや虫食いの原因になるからです。


素敵なひな祭りになりますように。
?Gg[???ubN}[N??