【ズボンのアイロンがけをプロみたいにできたらいいね】

パンツのアイロンがけのコツは裏返しにしてプレスすること


ズボンを履いていると どうしてもシワが残って見栄えも良くないですね。そこでプロのような仕上がりをするコツを伝授いたします .まず第1に ズボンを裏返しにして 縫い目を広げて アイロンをかける ポケットを 1つずつ丁寧にアイロンをかけます 。


プロモー実際に行ている方法です このひと手間、ふた手間を加えることによって履き心地見栄えがぐんと良くなりますよ 。


そして表に返して 、腰回りを 1面1面 アイロンかけして行きます 。


ここで 本格的に 両足にアイロンをかけるのです 。


1つポイントは 片方ずつかけるのですが、裾からウエストに向かって蒸気を出しながらアイロンをかけ、
次に上記を止めてウエストから裾に向かって アイロンをかけていくことで形が決まります 。


ここで1つ注意することは 両脇の縫い目の部分はつぶさないようにすることが大事です 。


また片足ずつ両脇の縫い目をぴったり合わせて 、ずれないように指で押さえてアイロンかけしましょう 。


ズボンを履いているとどうしても 膝などが 伸びて、生地が歪んできますので 縫い目から外側に向けて 広げていくようにアイロンを滑らせて かけるといいですね 。



コツをつかめば だんだんと アイロンがけする時間も短くなりますので 楽しんで やってみてくださいね 。

?Gg[???ubN}[N??