【5月5日の子供の日は盛大に祝いたいですね】

5月5日の子供の日は盛大に祝いましょう


風が香る5月1番過ごしやすい季節がやってきましたね 。
5月5日は端午の節句 その間 かわいい男の子 元気に逞しく 健やかに育っていただきたいものです。


鯉のぼりに柏餅 それはいったいどんな お願いごとでしょう 。


端午の節句が触って来た奈良時代 邪教払うという 消防お風呂に入れていて菖蒲湯にしたり よもぎを 軒に挿したりしていたそうです 。


この菖蒲が戦の勝負に音が一緒であることから 男の子を祝う ことになったそうです 。


鯉のぼりはいつからいつまで飾るのか?
一般的には4月の中旬から5月の連休ぐらいまでで 大安の日に飾る方が多いのです 。


一方武者人形を飾るのは江戸時代から 始まったそうです 。
飾るのも良いのですが折り紙で簡単に折ることができますお子さんと一緒に かぶって 楽しんでみるのもいいでしょうね 。
勝って兜の緒を締めよというより親子で楽しむ


そして邪気を祓い厄除けにもなる ちまきを 食べる 風習も いいですよ 。
なぜ食べるようになったかというと中国 王に仕えていた高名な詩人が民法にハメられて 国の将来を絶望し川に身を投げた 。

その死を悼んだ人々が 川の魚に 食べられないように、川に粽を投げ入れたそうです 。

ところが川には流外で ちあきを全部食べてしまうので ニューが嫌う 葉っぱでくるみ 邪気を払うとされる五色の糸で粽を縛って 川に投げたという こじがあります 。


柏餅もいいですね家系が絶えなく 天気の良いものです 。


初節句の場合は武者人形や鯉のぼりは祖父母から怒られることが多いようです 。
ご家庭によっても事情があるので ご家族そろって喜ばれるものを選んであげたいです ね。
?Gg[???ubN}[N??